スポンサーリンク

メルカリでは何が売れるの?売れているもの

メルカリ

 

このところメルカリにいろいろ出品してみています。

家にある不要品が主ですが洋服、雑貨、本が主なところ。

古本はAmazonマーケットプレイスが売れるという先入観があったため、正直あまり期待していませんでした。

なのですが、メルカリの関連アプリであるメルカリカウルというアプリで本やDVD、CDなどのメディアがバーコードをスキャンして出品することができ、簡単そうだということを知りさっそく出品してみたのでした。

このメルカリカウルを新規ダウンロードした時に初心者応援キャンペーンなるものをしていて、カウルより新規に最大25冊バーコード出品するとプレゼントポイントで最大900メルカリポイントがもらえるというのをやっていたので、せっかくなので古本を一気に出品。
意外とすぐに900ポイントをゲットすることができました。

メルカリで本が連日売れていく

出典: 無料写真素材なら【写真AC】

本がもし売れなくてもポイントだけでももらえればまあいいかと出品したのですが、この古本が意外と売れていくのに驚きました。

今回、この本は手元においておいた方がいいのではないか?
いつか必ず読み返すことになるだろうと思ったものも思い切って出品してしまいました。
そして、そんな本ほど注目され、売れていきました。(ですが、逆にこんな古くて状態も悪いものは売れないだろうと思ったものの中にはすぐに売れてしまったというものもあり…)

→高校生の娘もメルカリを今日始めたところ、本が秒速(実際は数分)で売れ!初日にして中古ゲーム機も売れる。

自分にとって重要な本も売って良かった理由

物を減らしていきたくて地味に断捨離をしており、ゆくゆく必要な本はkindleにあらかた納めてしまいたいなどと思っていることもありますが。

「この本は今の私にとって重要で必ず読み返すだろう」と思った本も売ってみて良かった理由があります。

読み返す期限ができた

予想通り、自分もとっておいた方がいいかもと思う本ほどいいねがついたり売れていったりしたわけですが、ここで意外な良いことがおこりました。

それは、読み返すのに期限ができたことです。

どういうことかというと、ある本が売れ、明日発送しようとなったとします。
そうすると、その本の未消化な部分を必死で発送までに自分の中に落とし込もうとする動機が発生することになります。
なので、今日中に読み返すなり、必要部分を画像で保存したりすぐに行動することに繋がったのです。
しかも、部屋は片付いていく上に売上金まで振り込まれるという自分にとっていいことずくめでした。

またもし同じ本を手元に置く必要がでてきたら、前回ご紹介したカーリルを使って図書館を利用したり、ずっと手元においておきたい本となれば、kindle(電子書籍)を利用したりしていきたいと思っています。
参考記事 情報発信で情報収集が必要ならカーリルが便利

本はメルカリで出品するかメルカリカウルで出品するか

さて、話は戻ってメルカリカウルで出品した本やメディアはメルカリでも反映され、またメルカリでバーコード出品した本やメディアもカウルの方でも反映されます。

どちらで出品するのがいいのでしょうか?

正直どちらでもそれほど違いはないかなと思います。

メルカリカウルからの出品だと、商品説明欄に、この商品は「メルカリ カウル」で出品されていますという記載と、メルカリカウルというハッシュタグが商品説明欄に自動記載されているという違いくらいしかありませんでした。

なので、私のように不定期で開催されるメルカリのポイントキャンペーンに乗ってみるというのもひとつです。

もし売れなくてもポイントはもらえますからね。

どちらからの出品にしてもバーコードをスマホで読み取ると、ある程度の商品情報と売れやすい価格帯などが表示され、アマゾンマーケットプレイス程ではないにせよ、出品は非常に楽でした。
※商品画像は自前で最低1枚は必要です。

価格帯は同商品を販売しているライバルを検索して、同コンディションのものと同じ価格か、ほんの気持ち安く販売しましょう。

ということで、メルカリで今のところ一番動きがあるのは書籍でした。

またメルカリを続ける上で何か気づきや学びがあれば記事にしていきたいと思います。

 

これからメルカリを始めたいという方で、メルカリポイントをゲットしてまずは買い物もしてみたい!という方は招待コード GWKJYS をどうぞご利用下さい。
メルカリ

このブログを書いている人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
■メールマガジン■

メルカリ
ブログランキング・にほんブログ村へ
アリガト@うつ自立活動継続中をフォローする
うつじりつドットコム

コメント