スポンサーリンク

ベンゾジアゼピン断薬から3年-経済自立作戦

断薬

ベンゾジアゼピン断薬から3年が経ちました

ベンゾジアゼピン系睡眠薬、抗不安薬を断薬してからはやいものでおよそ3年が経過しました。

ゆり戻しがあった

実は、昨年秋頃ゆり戻しのようなものがありました。

寝付けない日が数日(朝まで眠れない日が2~3日)、血圧の上昇も。

もしかするとお酢ドリンクを飲んでいたからそれに反応したかもという思い(アルコール依存症の人で酢酸に反応することがあるという記事を見かけたことがある)と、季節的なもの(春・秋は体調が不安定になりやすいので注意と鍼灸師さんにアドバイスを受けていました)かなという思いがあります。

真相はわかりません…。

現在はよく眠れています

今現在はとてもよく眠れています。春※2月4日~が近づいてきたこともあるのかな。

春は東洋医学的には肝の季節でデトックスの季節なので、AM1時~3時までの肝の時間には特にしっかりと睡眠を取って解毒力を上げていきたいと思います。

そういえば、去年の夏はクーラーをつけっぱなしにしていたので汗でのデトックスが余りできず、秋の体調不良を招いた感じもしているので、今年の夏はクーラーを使いすぎないようにしたいなぁ。

断薬初期にカッチコチでゴリゴリだった肩の筋肉は、今はふにゃふにゃでやわらかです。ですが、首から肩あたりの体幹にはまだ縮こまった感じが多少あるような気もします。

障害福祉が終了

さて。障害福祉が重要なインカムとなっていましたが、非更新によりついに終了しました。

ですが、しばらくの間入金の半分程度は手をつけないできたこともあり、あと2年ほどは今のままでも同水準の生活は維持できそうです。

ただ、やはりまだ福祉を利用している部分もあり、自立とはいいがたい面があるため、2年を目途にその部分を自力で賄えるように行動していきます。

主に給与所得の維持(65~90万程度目安)をしつつ、事業所得と配当所得の拡大をめざします

なぜフルタイムで働かずちまちまと働いているのか

フルタイムで働かないの?と時々言われることがあるのですが、フルタイムで給与所得の最大化をめざすのは2つの意味でハードルがあります。

  1. うつの再発がないとはいえないのでリスクを感じる
  2. 税金の影響をモロに受けてしまう

うつの再発がないとはいえないのでリスクを感じる

1については、私が診断されたそううつ病という病名は、もともとうつ状態で病院にかかり、抗うつ薬や時に中枢神経刺激薬であるリタリン、ベンゾジアゼピン系抗不安薬や睡眠薬の処方をうけ、気分をハイにさせたりダウンさせたりと脳を操作することによって調整しようとしたことにより悪化したものと解釈しています。

薬を一切辞めたことにより、仮定どおり落ち着いたものの、そううつ病の素地はもしかするとあるのかもしれません。そこを全否定はしません。

いつまたうつ状態に陥り外出困難のような状態になるかもしれないという思いはぬぐいきれません。

なので、リスク分散のためにも外に働きに行って得る給与所得(65から90万くらいの非課税範囲)、在宅を中心にインターネットを使って得る事業所得(青色申告複式簿記で65万控除)、可処分所得の中からコツコツ買い集めた資産から得られる配当所得(控除枠ありの年は総合課税申告で税金を戻し、控除枠が残らない年は分離課税申告で20%課税)と分けてヘッジしたいのです。

税金の影響をモロに受けてしまうから事業所得と配当所得に分散

もう若干触れてしまいましたが、2の税金について。

サラリーマン(給与所得者)は副業収入が経費控除後20万円を超えると申告が必要です。

ですので、毎年20万円を超えるようなら、開業届を出して開業し、同時に所得税の青色申告承認申請書を複式簿記対応で税務署に出しておくといいと思います。

青色申告承認申請書を出したからといって青色申告をしなければいけないというものでもないし、複式簿記でなければいけないというものでもないです。

白色申告でも青色申告でも記帳(収入と経費等の記録)は必要だし、その違いは記録の仕方と税金の控除の大きさです。

ならば、事業系の所得を継続していく予定であれば出しておいてもいいのではないかなと思います。

来年の確定申告時に青色申告を使いたいという場合は、今年の確定申告締め切りまでに承認申請書を出しておきましょう。

複式簿記もMFクラウドを使えばそれほど手間がかからない

複式簿記についても難しそうに思うかもしれませんが、MFクラウド確定申告を使えば、銀行や経費に使うクレジットカードなどのデータを自動取得してくれるので仕訳方をネット等で調べてつけながら慣れていくことでできるようになると思います。

個人事業では、記帳で事業主貸、事業主借という項目が使えるので、これを使いこなすのが楽に記帳するコツのように思います。

こうして税金を抑えていくことにより、可処分所得を増やし、少額でも資産を買い入れる余力を残してさらなるキャッシュフローを目指します。

可処分所得・クレジットカードポイントでキャッシュフローを作る

今では楽天ポイント等のクレジットカードのポイントでも投資信託などを買えるようになったので、普段の買い物に極力楽天カードを使い、手に入れたポイント(期間限定ポイントを除く通常ポイント)で投資信託を購入し、少しでもキャッシュフローの上乗せを目指していきます。

3年前に断薬に踏み切った時には具体的なプランは乏しかったのですが、走りながら考えていくといろいろとアイデアも出てくるものです。

さいごに

あと2年。ネット上にコンテンツを増やし、メルカリなどで不要品を処分して資産をコツコツ買い入れしていきたいと思います。

メルカリ販売 上手に売るコツを一挙にご紹介します
インターネットを使って副業をしたい、不要品を片付けたい、できるだけ自宅で完結できるお金稼ぎをしたいなど様々なニーズに応えられるメルカリ販売。 数ヶ月やってみていろいろとコツがわかってきたので、ここに整理したいと思います。 メルカリの出品...

FXのチャート分析なども復活させて(体調悪化の時にやめてしまったきり)中期トレードをやりたい気持ちもあります。

2年といっても、これもあっという間だろうから、コツコツ行動。

「継続は力なり」を肝に銘じて実行していきたいと思います。

ベンゾジアゼピン断薬関連記事

メンタル(ベンゾジアゼピン)の薬を断薬しました-血圧の異変
きっかけは高血圧。 は??って感じですよね。
ベンゾジアゼピン断薬25日目
少量ながら飲んでいたベンゾジアゼピン睡眠薬(レンドルミン)、抗不安薬(レキソタン)が私に残っている体調不良の原因ではと思い、断薬してから25日がたちました。 とはいっても、途中、レキソタン爪を使って割れる最小量×2回、レンドルミン爪を使っ...
鍼灸治療で断薬禁断症状のケア
これから鍼灸治療です。(2月22日昼記述) もう少し時間があるのでカフェにてエバーノートに記事を書き留めています。 2月2日に高血圧治療のため初めて来院し、本日3回目です。 断薬希望の人もよく来院しているよう 初診のとき、精...
鍼灸治療4回目
メンタルの薬断薬(1/23)後のケアで鍼灸治療を受けています。 睡眠障害がほぼ解消し、首肩のコリもやわらいできたことを伝え、最近は胃腸の調子がいまいちなので、今回は胃腸を中心に治療していただくことになりました。
ベンゾジアゼピン断薬-不安のベクトル
メンタルの薬断薬から47日(3月9日執筆 途中離脱症状緩和のためカケラを数回服用) 私の場合、断薬前は数日に1回1錠ほどの服薬(レンドルミン、レキソタン、ラミクタール)しかしていなかったためか日常生活が困難になるほどの離脱症状はでてい...
断薬(メンタル・ベンゾジアゼピン系)から3ヶ月目に突入
メンタルの薬断薬から3ヶ月目に入りました。 さっき漢方内科で血圧を測りましたが、154/104でした。 まだ高いですが、少しずつ落ち着いてきています。
2週間ぶり鍼灸院へ
ほとんど眠れない日があったり(レンドルミンのかけらを服用した日も) 12時間連続睡眠したり。 睡眠が不安定。 漠然とした不安と焦燥感。
断薬8ヶ月 セロトニンとメラトニン
先月後半からアルバイトのない日は早起きして 朝散歩&カフェで将来につながる作業をして昼までに帰宅というのをしています。 気づけば夏も終わりですね。 早かったなー。 メンタルの薬をやめてから8ヶ月目に入りました。 ...
断薬11ヶ月目 回復基調に
ベンゾジアゼピンを辞めると決めてから322日。 8月半ばにお酒を少し飲んでからひどい症状のぶり返しに3ヵ月ほど苦しんだけど、ようやく回復を実感できる状態になりほっとしている。
ベンゾジアゼピン断薬から12ヶ月(一年)
感慨深いことにベンゾジアゼピン断薬決意から1年が経過しました。 ここのところ目覚しい身体の回復力を感じます。 特に異常な不安感がなくなり、ほのかな幸福感を感じることが多くなりました。
断薬から一年半が経過
メンタルの薬(ベンゾジアゼピン系睡眠薬、抗不安薬)断薬から7月いっぱいで一年半が経過しました。 途中歯科の麻酔でぶり返し、 飲酒(約一年前)でひどい高血圧、高脈拍にみまわれ不眠に苦しみ睡眠薬レンドルミンのかけらを服用...
断薬から一年八ヶ月の今
メンタルの薬(睡眠薬や抗不安薬などのベンゾジアゼピン系)を断薬しようと決意してから1年8ヶ月、 去年お酒を飲んで離脱症状が激悪化してからちょうど1年が経ちました。 ここ数カ月は気分が落ち込みやすかった。 すぐに悲しくなって涙が出て...
断薬(ベンゾジアゼピン)から2年
ベンゾジアゼピン系睡眠薬、抗不安薬断薬から2年が経過しました。 息子の独立などのライフイベントもあり、自律神経失調、更年期症状のような感じも地味にあったりして、 もはや、そういった自律神経症状と断薬の影響と明確に区別をつけることは難...
ベンゾジアゼピン断薬から2年半を迎えて離脱症状を振り返る
ベンゾジアゼピン系抗不安薬、睡眠薬をやめてから2年半が経ちました(前半睡眠薬はかけらを数回は使用)。 幸いなことに(?)離脱症状の辛さも思い出さなくなってきたここらで、思い出せなくなる前にブログにまとめておこうと思いました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
■メールマガジン■

断薬
ブログランキング・にほんブログ村へ
アリガト@うつ自立活動継続中をフォローする
うつじりつドットコム

コメント