スポンサーリンク

ベンゾジアゼピン断薬-不安のベクトル

断薬

メンタルの薬断薬から47日(3月9日執筆 途中離脱症状緩和のためカケラを数回服用)

私の場合、断薬前は数日に1回1錠ほどの服薬(レンドルミン、レキソタン、ラミクタール)しかしていなかったためか日常生活が困難になるほどの離脱症状はでていません。

 むしろ、やめる前1年半ほどたまに飲むという状態がつらい状況を作っていたのかなと感じています。

ちょうど思い切ってアルバイトをはじめたタイミングで不安とそれに伴う不眠に対抗するため、ほぼやめられていたベンゾジアゼピンを頓服で使い始めてしまったのです。
その状況が薬物依存をすすめてしまったなと思います。

症状としては薬がきれた状態での強度の不安恐怖、浅い呼吸、焦燥、思考能力の低下、考えの上での視野狭窄、不眠、聴覚過敏、強いコリなどです。

これらは断薬後、一度増強した後徐々に緩和していっています。

今現在は胃腸が頼りないかんじと、首肩のコリ、弱い頭痛、口の中のネバネバ感?が感じられますが、むしろ回復の喜びのほうが大きいです。

断薬から1週間後くらいの時に気づいたことがありました。
その日は表参道に出かけていました。
楽しい気分です。
なのに。
強度の不安が同時に存在するのです。

楽しいのに不安。
楽しい(実態)↑
不安(薬の離脱で偽物)↓
これまだ耐えられる。
チクショウメと思う余裕もなんとかある。
楽しくて笑顔なのに実態のない不安感がこびりついていて気持ち悪い思いをしました。

だけど、何かの拍子で
不安(実態)↓
不安(薬の離脱で偽物)↓
このベクトルが揃うと非常にしんどい。

ですが、離脱の不安がそもそもあるので、不安になってベクトルが揃いやすくなっているのだろうと思います。

なので、回復後、どんな生活をしていたら幸せなのかとかそういうことを考えていきたいと思っています。

それに沿って少しでも行動をしていければそこに近づいていけるしね。

もう少し回復していけば、もうちょっと外で働けると感じていますが、その余力をまずはインターネットビジネスへの時間にふりわけたいと思っています。

アルバイトの時間を増やして蓄えをしていくのもいいと思うのですが、思わぬ離脱症状の発現やウツの再来の可能性を考えると、なんとか食べていけるうちはインターネットビジネスでの自立を目指したいと思います。

具体的にやることはFXチャートの過去検証(私の場合、ドル円4時間足60分足15分足たまに日足をプリントアウトし、どこで入り利確すれば正解だったのかの振り返りをし、そこに同傾向を見出す)、ネットショップの構築←ただこれはビジネスパートナーであるバイヤーMの手伝いであり、私自身は仕入れに大きなお金を動かす肝っ玉を持ち合わせていないので、アフィリエイトやドロップシッピングなどの無在庫系にシフトしていきたいと思っています。

過去実績の記録

(※すべてのページにフッターとして配置しているお知らせです※)

Yahoo!ショッピング最高月商の記録

2020/1/1現在 最高月商1,121,660円

2019/11/1現在 最高月商740,911円

 

ひとりでビジネスをしていくうえで買ってよかった教材(無料部分相当量あり)

(※すべてのページにフッターとして配置しているお知らせです※)

FXなど投資に関する教材、インターネットビジネスに関する教材などいくつか購入しましたが、一番購入してよかったなと思っている教材をひとつ紹介します。

それは次世代起業家育成セミナー(プレミアムメンバーシップ)です。

起業というと壮大な感じがして尻込みしてしまうかもしれません。

ですが、次世代という言葉が入っているとおり現代にとてもマッチした方法論です。

例え一人でビジネスをやるにしてもインターネットを駆使して自分の分身となるような仕組みを作っていくことで、大企業であれば人力でやっているようなことを仕組みがやることにより、ひとりでも組織のような形を作ることができます。

人を雇って組織を作りたいという方のためにも人を雇う方法論、また、最適な人の雇い方なども網羅されています。
また、あなたの起業センスを測定して、どういった起業形態が向いているかなどを分析することができるので自分がどう活動していけば良いかの判断のヒントにもなります。

私のようにうつで自宅から出るのがなかなか厳しい状況からビジネスという経済活動を行っていく上で、とても心強い参考書となりました。(というか、膨大な量でありかつ網羅性がすごいのでずっと参考書とすると思います)

また、コテコテ文系の筆者にとっては、理系的な論理思考の仕方を学び、脳にインストールすることができたことも大きな収穫です。


無料の範囲内でもかなりのボリュームで、学ぶ意欲が持てる方にとっては場合によっては人生を変えるくらいのインパクトのある内容ですので、興味のある方はご覧になることをおすすめできます。

アリガトってだれ?

(※すべてのページにフッターとして配置しているお知らせです※)
アリガトのプロフィール
2003年。下の子2才、上の子5才の時。スキルもない、うつ傾向の専業主婦にも関わらず無謀にも離婚、シングルマザーとなりました。躁鬱が悪化して障害者認定されるパートで働こうとするも、うつ(そううつ)が悪化し、入退院を繰り返して障害者...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

うつじりつメールマガジン

断薬
ブログランキング・にほんブログ村へ
アリガト@うつ自立活動継続中をフォローする
うつじりつドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました