スポンサーリンク

じりつにこだわる理由

このブログの哲学

私が自立にこだわってしまう訳を書きたいと思う。

これについては幼い頃までさかのぼる。私は一人っ子で幼い頃から一人遊びが多くパズル等が好きな子供だったそうです。

人形など女の子が好みそうなものには余り興味を示さずどこに連れて行っても余り喜ばない(苦笑)子だったそうです。

母親は私がひとりっ子だったこともあるのでしょう。ひとりでも生きていけるようにと育ててくれました。私にしてみれば正直抑圧・強要感のある時代で、その頃からちょっとメンタル病んでた感じがします。(ちなみに今はわかってもらった感があります)感謝したいのは女の子らしくしなさいとかそういうことを一度も言われなかったことです。

そんな抑圧感のある環境から逃れたい気持ちもあったのかなと思う。 もともと結婚願望とか皆無な人間でしたが、23歳で結婚することになりました。嫁とか奥さんとかそういうの嫌だからそういうふうに呼んでくれるなとかいうふざけた私でしたが、まあ結婚するのには不適格な人間だったんでしょう。これは反省の種です。

結局結婚生活もうまくいかず離婚という結末を迎えます。この時、経済的に自立できていなかったことでとても苦しい思いをします。父親が引き離してくれなければ離婚できていませんでした。(そういえば離婚時の電話で父も女性にも人権はあるとか言ってくれていた気がする。ふたりの哲学に女だから男だからといった考えが余りないのでしょう)

その後離婚のゴタゴタで心療内科に通い、パートも続かなくなって後10年近くも酷い鬱に飲み込まれていたわけですが、そんな中、大好きだった友達が(私は友達が少なくめったに友達付き合いはしない)心を病んで自殺してしまった。その前日私は彼女の病院に付き合っている。その日「ウチらは生きるのが仕事だからさ~」とか言ってしまった気がする。彼女は私にも遺書を残してくれて「アリガト(仮名)にも救えなかった」と記されていました。その彼女は婚約者を失い、お金も詐欺でだまし取られてしまった末の自殺でした。睡眠薬のオーバードーズでした。

そんな人を救いたいとかおこがましいことは言わないけど、今の自分ならかけてあげられる言葉が違ったのではないかということは思います。

大切な人を助けるにはまず自分を助けなければならない。このことを痛切に感じます。大切な人を助けられる自分になりたい。 これが私が自立にこだわる理由なんだと思います。

過去実績の記録

(※すべてのページにフッターとして配置しているお知らせです※)

Yahoo!ショッピング最高月商の記録

2020/1/1現在 最高月商1,121,660円

2019/11/1現在 最高月商740,911円

 

ひとりでビジネスをしていくうえで買ってよかった教材(無料部分相当量あり)

(※すべてのページにフッターとして配置しているお知らせです※)

FXなど投資に関する教材、インターネットビジネスに関する教材などいくつか購入しましたが、一番購入してよかったなと思っている教材をひとつ紹介します。

それは次世代起業家育成セミナー(プレミアムメンバーシップ)です。

起業というと壮大な感じがして尻込みしてしまうかもしれません。

ですが、次世代という言葉が入っているとおり現代にとてもマッチした方法論です。

例え一人でビジネスをやるにしてもインターネットを駆使して自分の分身となるような仕組みを作っていくことで、大企業であれば人力でやっているようなことを仕組みがやることにより、ひとりでも組織のような形を作ることができます。

人を雇って組織を作りたいという方のためにも人を雇う方法論、また、最適な人の雇い方なども網羅されています。
また、あなたの起業センスを測定して、どういった起業形態が向いているかなどを分析することができるので自分がどう活動していけば良いかの判断のヒントにもなります。

私のようにうつで自宅から出るのがなかなか厳しい状況からビジネスという経済活動を行っていく上で、とても心強い参考書となりました。(というか、膨大な量でありかつ網羅性がすごいのでずっと参考書とすると思います)

無料の範囲内でもかなりのボリュームで、学ぶ意欲が持てる方にとっては場合によっては人生を変えるくらいのインパクトのある内容ですので、興味のある方はご覧になることをおすすめできます。

アリガトってだれ?

(※すべてのページにフッターとして配置しているお知らせです※)
アリガトのプロフィール
 2003年。下の子2才、上の子5才の時。スキルもない、うつ傾向の専業主婦にも関わらず無謀にも離婚、シングルマザーとなりました。 躁鬱が悪化して障害者認定されるパートで働こうとするも、うつ(そううつ)が悪化し、入退院を繰り返して障...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

うつじりつメールマガジン

このブログの哲学
ブログランキング・にほんブログ村へ
アリガト@うつ自立活動継続中をフォローする
うつじりつドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました